ご利用ガイドAssetto Corsaアプリケーションイメージの使い方

目次

Assetto Corsaはカスタマイズ性が高くリアルなレースシミュレーションゲームです。複数人が同じマップ上で同時にAssetto Corsaをプレイ(マルチプレイ)するにはサーバーの用意が必要となります。

ConoHaではAssetto Corsaサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。

なお、Assetto Corsaイメージはメモリ1GB以上のプランでご利用いただけます。

※2019年05月29日現在、クライアントバージョン1.16に対応しています。

Assetto Corsaサーバー設定ファイルの作成

Assetto Corsaのサーバーを作成する際、サーバーの設定を作成する必要があります。サーバー設定を作成するツールがクライアントに同梱されているのでこれを使用します。

[1] まずはAssetto CorsaのローカルファイルのフォルダをSteamで開きます。

STEP1
STEP2

[2] Assetto Corsaのフォルダにある「server」を開きます。

STEP3

[3] 「acServerManager.exe」を起動します。

STEP4

[4] Assetto Corsa Server Managerが開かれますのでお好みに合わせた設定を行います。

STEP5

ゲームクライアントからサーバーに接続する際にサーバー名が必要となりますので「Basic Settings」の「Name」は必ず入力してください。

ドライブアシストの設定・レースの形式や周回数のようなレースの設定・コースの設定・使用できる車両の設定が行えますので、お好みに合わせて設定してください。

設定完了後、「Export」をクリックして設定値をファイルに書き出します。Export先を「デスクトップ」などのわかりやすい場所に設定します。出力された「entry_list.ini」と「server_cfg.ini」を後ほどサーバーにアップロードします。

Assetto Corsaサーバーの作成

[1] コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

STEP6

[2] イメージタイプ「アプリケーション」から「Assetto Corsa」を選択してサーバーを作成します。

STEP7

※512MBプランではAssetto Corsaイメージはご利用いただけません。

Assetto Corsaサーバーの設定

Assetto Corsaサーバー設定ファイルの作成で作成した「entry_list.ini」と「server_cfg.ini」をサーバーの「/opt/assetto_corsa/ac_server/cfg」に配置します。SFTPやSCPを使用してもアップロードできますが、下記の手順で追加のツールを使用せずに簡単にサーバー設定をサーバーにコピーすることができます。

[1] コントロールパネル左メニューの「サーバー」を開き、作成したサーバーのネームタグをクリックします。

STEP8

[2] サーバーの詳細画面の「コンソール」をクリックします。

STEP9

[3] 新しいウィンドウで開かれたコンソール画面でログインします。ユーザー名は「root」です。パスワードはサーバーを追加した時にお決めいただいた「rootパスワード」です。

STEP10

[4] 下記のコマンドを実行します。

# cd /opt/assetto_corsa/ac_server/cfg/
# mv entry_list.ini entry_list.ini.bk
# mv server_cfg.ini server_cfg.ini.bk

[5] さきほど「デスクトップ」に保存した「entry_list.ini」をメモ帳で開きます。ファイルの中身をすべて選択して(キーボードのCtrl+a)、コピーします(キーボードのctrl+c)。

[6] コンソールで「vi /opt/assetto_corsa/ac_server/cfg/entry_list.ini」を実行しキーボードの「i」か「insert」を押します。

STEP11

[7] コンソール画面の「テキスト送信」ボタンをクリックします。

[8] 開かれたテキストフィールドにコピーしたファイルの中身を貼り付けて(キーボードのctrl+v)「送信」ボタンをクリックします。

[9] 送信が終わったらキーボードの「esc」を押して「:wq」を入力します。

STEP12

[10] 上記と同様に「デスクトップ」に保存した「server_cfg.ini」をメモ帳で開きます。ファイルの中身をすべて選択して(キーボードのCtrl+a)、コピーします(キーボードのctrl+c)。

[11] コンソールで「vi /opt/assetto_corsa/ac_server/cfg/server_cfg.ini」を実行しキーボードの「i」か「insert」を押します。

STEP13

[12] コンソール画面の「テキスト送信」ボタンをクリックします。

[13] 開かれたテキストフィールドにコピーしたファイルの中身を貼り付けて(キーボードのctrl+v)「送信」ボタンをクリックします。

[14] 送信が終わったらキーボードの「esc」を押して「:wq」を入力します。

STEP14

[15] コンソールで下記のコマンドを実行してサーバーを起動します。

# systemctl \-\-now enable assettocorsa.service

Assetto Corsaの設定方法

[1] Assetto Corsaを起動し「Main Menu」を選択します。

STEP15

[2] 「Drive」を選択します。

STEP16

[3] 「Online」を選択します。

STEP17

[4] サーチで上記で設定したサーバー名を入力してキーボードの「Enter」キーを押します。サーバーをクリックして車を選択して「Join」をクリックすることでサーバーに入室します。

STEP18

これで作成したサーバー上でAssetto Corsaをプレイすることができます。

Assetto Corsaサーバーの関連ファイルは「/opt/assetto_corsa」ディレクトリ内に設置されています。Assetto Corsaの詳細情報については公式サイト(英語のみ)をご覧ください。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。