ご利用ガイドCS:GOアプリケーションイメージの使い方

目次

Counter-Strike: Global Offensive(略称: CS:GO、CSGO)は対戦FPSゲームです。複数人が同じマップ上で同時にCS:GOをプレイ(マルチプレイ)するにはサーバーの用意が必要となります。


ConoHaではCS:GOサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。


※CS:GOイメージはメモリ1GB以上のプランでご利用いただけます。

※2019年08月28日現在、クライアントバージョン1.37.1.1に対応しています。

CS:GOアプリケーションイメージのインストール手順

[1] コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

STEP1

[2] イメージタイプ「アプリケーション」から「CSGO」を選択してサーバーを作成します。

STEP2

512MBプランではご利用いただけません。

※構築は約5分程度お時間がかかります。

[3] CS:GOの設定に際してサーバーのIPアドレスが必要になるので、作成したサーバーのIPアドレスを確認します。

・コントロールパネル左メニューの「サーバー」を開き、作成したサーバーのネームタグをクリックします。

STEP3

・サーバーの詳細画面の「ネットワーク情報」のIPアドレスを手元に控えます。

STEP4

CS:GOサーバーの設定

作成したCS:GOサーバーに外部から接続できるようにするためにSteamからのログイントークンの設定が必要となります。ゲームサーバーのログイントークンはSteamのゲームサーバーのアカウント管理ページから作成ができます。ベースゲームのApp IDは「730」です。

※トークンを発行するためにはSteamアカウントに電話番号を登録する必要があります。

ログイントークンの取得が完了したら、下記の手順でCS:GOサーバーに設定します。

[1] サーバーの詳細画面の「コンソール」をクリックします。

STEP5

[2] 新しいウィンドウで開かれたコンソール画面でログインします。ユーザー名は「root」です。パスワードはサーバーを追加した時のrootパスワードです。

STEP6

[3] 下記のコマンドを実行してください。

# /opt/csgo/csgo_server/setup_server.sh

[4] 「テキスト転送」ボタンをクリックし、表示されたテキストフィールドに先ほど取得したゲームサーバーのログイントークンを入力して「送信」ボタンをクリックします。自動でコンソール画面にログイントークンが入力されるので、そのままキーボードのEnterを押すと設定が進みます。設定が完了するとCS:GOサーバーは自動的に起動します。

STEP7

作成したCS:GOサーバーへの接続方法

[1] CS:GOを起動しプレイボタンを選択します。

STEP8

[2] 「OFFICIAL MATCHMAKING」をクリックしドロップダウンメニューから「Community Server Browser」を選択します。

STEP9

[3] 「お気に入り」を選択し「サーバーを…」をクリックします。

STEP10

[4] 上記で確認したサーバーのIPアドレスを入力します。「このアドレスをお気に入りに追加」をクリックします。

STEP11

[5] 追加されたサーバーをクリックし接続ボタンを選択します。「接続」をクリックしてサーバーに入室します。

STEP12

CS:GOのサーバーの設定方法は以上となります。

CS:GOサーバーの関連ファイルは「/opt/csgo」ディレクトリ内に設置されています。

Counter-Strike: Global Offensiveの詳細情報はSteamのページをご覧ください。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。