ご利用ガイドドメイン転送機能を使う

目次

ConoHaで管理しているドメインから他のドメインのWebサイトへ転送することできる機能です。

ドメイン転送機能の設定方法

[1] コントロールパネルへログインします。

[2] 上部メニューの「VPS」をクリックします。

STEP1

[3] 左メニューの「ドメイン」をクリックします。

STEP2

[4] 「転送設定」を選択します。

STEP3

[5] ドメイン転送リストが表示されるので、「+転送設定」をクリックします。

STEP4

[6] 設定項目を入力の上「保存」をクリックします。

STEP5

各項目の入力については以下となります。

・転送タイプ→リダイレクト転送かフレーム転送かを選択します。
 リダイレクト転送:ブラウザのアドレスバーに転送先のWebサイトを表示されます。
 フレーム転送:転送元URLをブラウザのアドレスバーに表示させたまま転送先のWebサイトを表示できます。
・リダイレクトタイプ→301か302を選択します。
 301:恒久的な転送になります。長期的に転送する場合はこちらを選択します。
 302:一時的な転送になります。短期的に転送する場合はこちらを選択します。
・転送元URL→転送元となるURLを指定します。ドメイン名はConoHaで管理しているドメインを入力します。
※ドメイン転送をご利用の場合はネームサーバーをConoHaのものにする必要があります。
・www.転送設定→www.付きのみ、www.無しのみ、全て、転送するか選択します。
・転送先URL→表示するWebサイトのURLを入力します。
・ディレクトリ継承→転送元URLでサブディレクトリを指定した場合は転送先URLにアクセスしたとき転送元URLに存在するURLを表示できます。
・ネームサーバー変更→チェックを入れるとネームサーバーをConoHaのものに変更します。ネームサーバーをConoHaにしていない場合はチェックします。

[7] 完了するとドメイン転送リストにドメインが表示されます。

STEP6

[8] ドメイン名をクリックすると設定内容が確認できます。

STEP7

[9] ゴミ箱アイコンから転送設定の削除、鉛筆アイコンから転送先URLの編集が可能です。

STEP8

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。