ConoHa教室 このはちゃんと学ぶVPS活用術 Hello VPS ~Minecraft Modサーバーを遊び尽くす~

ConoHa教室 Hello VPS ~Minecraft Modサーバーを遊び尽くす~ 3時間目 Modサーバーをインストールしよう

前回まででModサーバーを構築するための準備は整いました。今回はModサーバーのダウンロード、インストールをしていきたいと思います。

  • 前回でサーバーインストールの準備は終わったから、今回は実際にサーバーをインストールしていこう!
  • やったーっ♪インストールが終わったらMinecraftが出来る?
  • ひとまずは遊べるようになるよ!
  • よーし、がんばるぞーっ!
  • ※インストールするOSやソフトウェアのバージョン等により操作方法は異なるため、ご運用にあわせてご参考にしてください。
  • ※既に別のソフトウェアをインストールやVPS内で設定済みの項目がある場合、影響を及ぼす恐れがありますのでご注意ください。
  • ※外部サイトからのソフトウェアのダウンロード、インストールが伴いますのでウィルスチェック等ご自身の判断にてご対応をお願いします。

目次

1:起動スクリプトのダウンロード

[1] 前回でサーバーインストールの準備は整ったので、サーバーをインストールしていこうと思います。まずは作成した一般ユーザー[minecraft]でSSH接続してログインしましょう。一般ユーザーでログインした場合はコマンド入力の[#]が[$]になりましたね。

step1

[2] 最初にMinecraftの起動のスクリプトをダウンロードして設定をしたいと思います。起動スクリプトは[/usr/local/games/minecraft]にダウンロードしますので、まずは[cd]コマンドで移動します。

$ cd /usr/local/games/minecraft

[3] 次に起動スクリプトをダウンロードしますので[wget]コマンドでダウンロードしてきます。

$ wget -O minecraft "http://minecraft.gamepedia.com/Tutorials/Server_startup_script/Script?action=raw"
step3

[4] 上記のコマンドで[minecraft]という名前を指定してダウンロードをしています。ダウンロードした起動スクリプトを編集するので[vi]コマンドを実行します。

$ vi minecraft
step3

[5] 起動スクリプトの中で[MCPATH]という箇所があるので以下のように書き換えます。viの使い方はもう大丈夫ですね。

MCPATH='/home/minecraft/minecraft'

MCPATH='/usr/local/games/minecraft' #こちらの内容に書き換える
step4

[6] 次に起動スクリプトの権限を[chmod]コマンドで変更します。

$ chmod +x minecraft
step5

[7] 起動スクリプトの準備は出来たので起動スクリプトを[/etc/init.d]に設置してサービスとして起動することが出来るようにします。このディレクトリに起動スクリプトを参照するようシンボリックリンクを設置することでサービスとして起動することが出来るようになります。

まずは[/etc/init.d]に移動します。

$ cd /etc/init.d/

[8] ここに以下のコマンドでシンボリックリンクを作成します。

$ sudo ln -s /usr/local/games/minecraft/minecraft

[9] これでminecraftをサービスとして起動できるようになります。

step6

2:Minecraft Forgeのインストール

[1] それでは次にMod用のサーバーMinecraft Forgeをインストールしていきたいと思います。Minecaft Forgeの公式サイトはこちらとなります。今回は1.13.2のバージョンをインストールしようと思います。

再度[/usr/local/games/minecraft]に戻りインストールを進めていきます。

起動スクリプトと同じようにURLを指定して[wget]コマンドでインストーラーをダウンロードをします。

$ cd /usr/local/games/minecraft
$ wget https://files.minecraftforge.net/maven/net/minecraftforge/forge/1.13.2-25.0.209/forge-1.13.2-25.0.209-installer.jar
step7

[2] ダウンロードしたインストーラーを実行します。

$ java -jar forge-1.13.2-25.0.209-installer.jar nogui --installServer

このコマンドで自動的にインストーラーが動作しサーバーがインストールされます。

step8

上の画像のようにメッセージが表示されたらインストール完了です。

step9

[3] インストールが完了するといくつかのファイルが設置されていますので[ls]コマンドで確認してみます。

step10

[4] インストーラーとインストールのログファイルは不要なので[rm]コマンドを使って削除します。

$ rm forge-1.13.2-25.0.209-installer.jar
$ rm forge-1.13.2-25.0.209-installer.jar.log

[5] インストーラーの実行で出来上がったjarファイル[forge-1.13.2-25.0.209.jar]の名前を[mv]コマンド使って変更します。[mv]コマンドを使った名前の変更は[mv A B]という形で入力すると、AからBに変更されます。

$ mv forge-1.13.2-25.0.209.jar minecraft_server.jar
step11

[7] 次にMinecraftで遊ぶために使う通信のポート番号をfirewalldを設定して開放します。

$ sudo firewall-cmd --add-port 25565/tcp --zone public --permanent
$ sudo firewall-cmd --reload
step12

firewalldの詳細についてはお昼休み ファイアウォールの設定をしてセキュリティを強化しようで紹介していますので参考してみてください。

3:サーバーの起動

[1] これでインストールは完了したので早速起動をしてみようと思います。

$ java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar nogui

うまく起動できませんでしたね。しかし、これで様々ファイルが設置されることになり、[eula.txt]というファイルが増えていると思います。

step13

eulaはエンドユーザーライセンス条項となり遊ぶためにはこちらに同意する必要があります。同意する場合はファイル内の記述を編集することになります。

step14

[2] 編集は[vi]コマンド使って編集します。

$ vi eula.txt

[3] ファイル内の[eula=false]となっているものを[eula=true]に書き換えることで同意したことになります。

step15
step16

[4] それでは再度サーバーを起動してみましょう。

$ java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar nogui

[5] 次に[chown]コマンドを使って、作成したディレクトリの所有者を[minecraft]に設定します。

# chown minecraft:minecraft /usr/local/games/minecraft
step17

上の画像のように表示されれば正常に起動している状況となります。

[6] なお、今後Minecraftをサービスとして起動する場合は前回起動スクリプトの設定をしているので次のコマンドで起動できます。

$ service minecraft start

4:Minecraftにログインする

[1] サーバーのインストール、起動は完了したので早速Minecraftにログインしてみましょう!まずはクライアントソフトを起動します。

今回1.13.2のバージョンをインストールしたのでバージョンを合わせるためにプロファイルを作成する必要があります。「起動設定」をクリックします。

step18

[2] プロファイルの作成画面になるので「新規作成」をクリックします。

step19

[3] プロファイルの名前を任意で入力して、バージョンから「release 1.13.2」を選択し、「作成」をクリックします。これでプロファイルの作成は完了です。

step20

[4] 上のメニューの「プレイ」をクリックすると元の画面に戻るので、「プレイ」ボタン左側クリックして作成したプロファイルを選択して「プレイ」をクリックします。

step21

[5] これでMinecraftを起動することが出来るので、「Multiplayer」をクリックします。/p>

step22

[6] 次にサーバー情報を設定するので「Add Server」をクリックします。

step23

[7] サーバー名とVPSのIPアドレスを入力して「Done」をクリックします。

step24

[8] サーバーが追加されているので選択するとログインが出来ます。

step25

これでMinecraftにログインできました。ひとまずはこれで通常に遊ぶことが出来るようになりました!

今回はここまでにして、次回はModを実際に導入して遊んでみようと思います。

  • 今回でMinecraftをインストールして遊べるようなったけどインストールの操作はどうだったかな。
  • WordPressとは違う操作が多くて少し戸惑っちゃった…
  • そうだね!インストールとは言っても色々コマンド操作が必要だったね。次はModを入れて遊んでみるよ!