ConoHa教室 このはちゃんと学ぶVPS活用術 Hello VPS ~WordPress公開までの道~

ConoHa教室 Hello VPS ~WordPress公開までの道~ 4時間目 WordPressに必要なソフトウェアをインストールしよう(MariaDB編)

4時間目もWordPressに必要なソフトウェアのインストールをしながら、サーバー構築について紹介していきます。
3時間目ではWebサーバーとしてApacheをインストールしましたが、今回はDBサーバーのMariaDBをインストールしていきたいと思います。

  • Webサーバーのインストールをしたけれど、WordPressを動かすにはそれだけじゃダメなんだ。
  • WordPressをインストールしなきゃだもんね!
  • それはもちろんそうなんだけど、WordPressをインストールする前に必要なものはまだまだあるんだよ。今回はDB(データベース)サーバーをインストールしようね。
  • うっ・・・まだあるのか・・・!また英語がいっぱい流れるのかな・・・
  • うん、流れるね(笑) Apacheよりはちょっと難しくなるけれど、落ち着いてやればなんてことないよ!
  • ※インストールするOSやソフトウェアのバージョン等により操作方法は異なるため、ご運用にあわせてご参考にしてください。
  • ※既に別のソフトウェアをインストールやVPS内で設定済みの項目がある場合、影響を及ぼす恐れがありますのでご注意ください。

目次

1:DBサーバーって?

DBサーバーはデータベースサーバーのことで、データベースを扱うサーバーになります。
WordPressでは各記事のデータをDBサーバーで管理することになるのでインストールが必要になります。

ConoHa教室で使用しているCentOS7では「MariaDB」と呼ばれるDBサーバーをインストール出来ます。

2:MariaDBのインストール

それでは前回と同じくSSH接続を使って一般ユーザーでログインして、rootアカウントへ切り替えましょう。切り替えのコマンドは[su]でしたね。

$ su –

前回のApacheのインストールした時と同じく、MariaDBのインストールも[yum]コマンドを使います。

# yum -y install mariadb-server

Apacheのインストールの時にインストールをしていいかどうかの確認がありましたね。
[yum]のあとに[-y]と入力することで、この確認をyesで自動で回答するように出来ます。

step1

やはり英語のインストールログが流れてきますが、今回はあらかじめ[-y]を入力しているのでそのまま待っていると、自動で完了してコマンド入力可能な状態に戻ってきます。

「Complete!」と表示されていれば成功です。

step2

これでインストールは完了です!
Apacheの時と同じように自動起動の設定と起動をしましょう!

# systemctl enable mariadb
# systemctl start mariadb
step3

起動がちゃんと出来ているか確認してみましょう。[systemctl status]でしたね!

# systemctl status mariadb

緑の丸印と「active(running)」が表示されていれば大丈夫です。

step4

3:MariaDBの初期設定

MariaDBはインストールしただけでは使えませんので初期設定をします。

まずはrootアカウントのパスワードを設定します。MariaDBがインストールされた時点でrootアカウントだけ作成されている状態になりますが、パスワードが設定されていません。このrootアカウントは「VPSのroot
アカウント」とは別のもので「MariaDBのrootアカウント」になるので注意してくださいね。

それではrootアカウントのパスワードを設定してみよう思いますが、MariaDBではmysqlコマンドを
使います。DBサーバーには「MySQL」という種類のものがあり、MariaDBはMySQLから派生した
DBサーバーなんですよ。なのでMariaDBの操作はmysqlコマンドを使うことになります。

初期設定は次のコマンドになります。

# mysql_secure_installation

Enterを押すと英語のメッセージが表示されますが気にしないで大丈夫です。

step5

最後の文章で[Enter current password for root (enter for none):]と表示されていますね。

これは最新のrootアカウントのパスワードを入力してくださいという意味です。
初期設定では何も入力しないでEnterを押します。

step6

英語のメッセージが続きますね。[Set root password? [Y/n]]と表示されています。
これは「rootパスワードを設定しますか?」という意味になるので、[Y]を入力してEnterを押します。

step7

[New password: ]と続いて[Re-enter new password: ]と表示されるので任意のパスワードを2回続けて入力
しましょう。
毎回のことですが入力した内容は表示されません。セキュリティのことを考えるとVPSのrootアカウントの
パスワードとは別のものにすることをオススメします!

この後どんどん英語のメッセージが流れてきますが、質問で止まったら全て[Y]で答えていきましょう!

step8

全て[Y]で答えてもらいましたが、メッセージの質問内容は次の通りです。

・Remove anonymous users? [Y/n]
[n]にすると誰でもログインが出来るようになるので[Y]にします

・Disallow root login remotely? [Y/n]
[n]にするとリモートでrootログインが出来るようになり、セキュリティのため[Y]にします。

・Remove test database and access to it? [Y/n]
テストのデータベースを削除するかどうかです。必要ないので[Y]にします。

・Reload privilege tables now? [Y/n]
ここまでの設定をすぐに反映するかどうかです。[Y]で反映させます。

これで初期設定完了です!

4:MariaDBにログインする

インストールと初期設定が完了したので、早速MariaDBにログインしてみましょう!

ログインは次のコマンドになります。

# mysql -u root -p

このコマンドは[mysql]コマンドで[-u]と[-p]のオプションを付けて実行しています。
[-u]はユーザー名の指定、[-p]を付けることでパスワードを使ってログインすることを示しています。

[Enter password: ]と表示されるので先ほど決めたrootアカウントのパスワードを入力してEnterを押します。

step9

[MariaDB [(none)]>]と表示されれば成功です!
これはコマンドの入力待ちの状態になります。

それでは試しに操作をしてみましょう。

show databases;

このコマンドでデータベースの一覧を表示します。
コマンドの最後に[;]を入力するのを忘れないようにしましょう。

step10

恐らく、[information_schema][mysql][performance_schema]の3つのデータベースが表示されていると
思います。

次はデータベースを作成してみましょう。[conoha]という名前のデータベースを作成してみますね。

create database conoha;

先ほどと同じくコマンドの最後の[;]は忘れずに。

step11

きちんと出来たかどうか、もう一度データベースの一覧を表示させて確認してみましょう。
「conoha」が表示されていれば成功しています。

show databases;
step12

表示されていましたね!
今回はこのデータベースは使わないので削除しましょう。

drop database conoha;

削除が出来たら一覧で確認します。

show databases;
step13

それでは、無事DBサーバーの構築も完了したので、今回はここまでにします。
MariaDBからのログアウトは↓のコマンドになります。

exit

それではいつも通りVPSはシャットダウンして終わりにしましょう。

# shutdown -h now
step14
  • 前回のApacheのインストールに引き続いて、MariaDBのインストールだったけど、どうだった?
  • 英語よく分かんないけど、とりあえずYes!って言っておけばいいんだね!
  • そう考えると操作的には簡単だったよね。この調子で次も頑張ろう!
  • どんどんインストールしちゃうぞ~っ!