ご利用ガイドISUCON8(予選)アプリケーションイメージの使い方

目次

ISUCON(Iikanjini Speed Up Contest)とは、与えられたWebアプリケーションに対して、高速化しスコアの高さを競うというコンテストです。

ConoHaでは、ISUCON8のサーバー提供をしています。また、2018年に開催されたISUCON8の予選で使われた問題がすぐに再現できるテンプレートイメージを提供しています。1台でベンチマークまで可能な構成ですが、本番と同じ複数台構成も設定する事で可能です。

※ イメージにポータルは含まれていません。

ISUCON8(予選)アプリケーションイメージのインストール手順

[1] コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

STEP1

[2] イメージタイプ「アプリケーション」から「ISUCON8(予選)」を選択します。

STEP2

ベンチマーク手順

ベンチマークについては下記コマンドにて実行することが出来ます。

# /home/isucon/torb/bench/bin/bench -data=/home/isucon/torb/bench/data -remotes=localhost -output=result.json
STEP3

localhostの部分を変える事で、別のマシンにベンチマークを実行する事が出来ます。
詳しくは「-h」オプションでヘルプをご確認ください。

参照実装の変更について

初期状態ではPythonの実装で動いていますが、以下の好きな言語の実装に変更する事が可能です。

「Go, Node.js, Perl, PHP, Python, Ruby」

詳しくはISUCON8予選 当日マニュアルをご確認ください。
ISUCONの詳細な情報はISUCON公式BlogISUCON公式Twitterをご確認ください。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。