ご利用ガイドMinecraft Overviewerインストールスクリプトの使い方

目次

STEP1

Minecraft Overviewerとは

Minecraft Overviewer(以下、Overviewerと表記します) はMinecraftのゲーム内のマップをWebブラウザ上で閲覧できるプログラムです。ConoHaのMinecraftイメージには標準ではインストールされていませんが、コマンド1行でOverviewerをインストールできるスクリプトをご用意いたしましたのでその使い方をご紹介いたします。

ご利用にあたって

・注意事項

スクリプトのご利用にあたって以下の点にご注意ください。

* ConoHaのMinecraftテンプレートイメージ以外で構築されたMinecraft Serverでの動作の保証はしておりません。
* スクリプトのご利用によるゲームデータの破損等について弊社にて一切の責任を負いません。
* Mod等がインストールされている環境での動作については保証しておりません。
* スクリプトについてはConoHaのMinecraft-1.14.2テンプレートイメージで動作を確認をしています。
* Overviewerで生成したマップの閲覧によるネタバレに責任を負いません。

※ 本スクリプト実行前に、データのバックアップもお勧めします。バックアップの手順については以下のページをご覧ください。

イメージ保存機能を使う

Minecraftのデータをオブジェクトストレージにバックアップしよう

・このインストールスクリプトで動作する内容

* Overviewerのインストール
* オーバーワールド(標準の世界)の地上と地下のマップを生成する設定ファイルを作成
* 毎日午前3時頃、マップの更新を実行するように設定(本スクリプトを使用してOverviewerをインストールしたVPSが同じ時刻にいっせいにマップの更新を実行しないように午前3:00~3:30の間のランダムな時間に実行されます)
* ブラウザで閲覧するためのHTTPサーバーの設定・BASIC認証の設定
* ブラウザで閲覧するために必要なBASIC認証の情報のMOTDへの書き込み
* 本スクリプト実行時点のMinecraftのマップの状態を保存するためにMinecraftサーバーを再起動
* Overviewerマップの初回生成

Minecraft Overviewerの利用方法

・スクリプトを実行してMinecraft Overviewerをインストールする

WebコンソールやSSHでMinecraftサーバーのVPSにログインして以下のコマンドを実行します。

curl https://gist.githubusercontent.com/ConoHa/061863339ae291baba7ccd18c5b42c0d/raw/b651c28e41b9b739139f6e2f2ac43e5641380321/setup_minecraft_overviewer.sh | bash

上記コマンド実行時にOverviewerのマップの初回生成を行いますので、Minecraftで開拓済みの範囲にもよりますが、生成完了まで5分以上かかる場合があります。なお、生成処理中もMinecraftサーバー自体は動作していますが、CPUの負荷が非常に高くなっているためプレイするとラグ等が発生する場合があります。

・生成されたOverviewerのマップを閲覧する

Overviewerのインストール完了すると、VPSにログインする際に毎回表示されるメッセージにマップを閲覧するために必要な情報が追加されます。このメッセージを手動で表示するには以下のコマンドを実行します。

cat /etc/motd
STEP2

赤く囲った部分がOverviewerのインストールに伴い追記された部分です。”URL”の項目の値をアドレスとしてWebブラウザで開くと、ユーザー認証が求められますので”Username”の値をユーザー名に、”Password”の値をパスワードに入力してログインボタンを押すとログインできます。

STEP3

ブラウザで地図を閲覧するサービスと同様に、マウスのドラッグで地図を前後左右に動かすことができ、スクロールでズームイン/ズームアウトができます。

※Overviewerのマップの生成の完了を待たずに同URLをブラウザで開くと「403 Forbiddenエラー」や「開くことはできるが真っ黒でマップが表示されない」になってしまいます。この場合、Overviewerのマップ生成が完了するのを待ってもう一度ブラウザで開いてみてください。

・Overviewerのマップ更新が予定されている時間を確認する

WebコンソールやSSHでMinecraftサーバーのVPSにログインして以下のコマンドを実行します。

systemctl list-timers
STEP4

「UNIT」列が「minecraft-overviewer.timer」の行の「NEXT」の列の値が次にマップ生成が予定されている時間となります。この時刻はあくまでも確認時点での予定であり、サーバーの操作によって変化する場合があります。

・手動でOverviewerのマップ更新を実行する

WebコンソールやSSHでMinecraftサーバーのVPSにログインして以下のコマンドを実行します。

systemctl start minecraft-overviewer.service

「Overviewerのマップの初期生成」と実行に長い時間がかかる場合があります。

Minecraft本体のバージョンアップがあったときは

OverviewerはMinecraftのバージョンに合わせたテクスチャファイルが必要になります。Minecraftサーバーがバージョンアップした場合、テクスチャファイルとMincraftのバージョンの不一致によってOverviewerのマップ生成がエラーとなり毎日の更新が止まってしまう場合があります。

この場合、以下のコマンドで「(必要があれば)Overviewer本体の更新」と「(必要があれば)現在使用中のMinecraftサーバーのバージョンにあわせてテクスチャファイルを更新」ができます。

curl https://gist.githubusercontent.com/ConoHa/061863339ae291baba7ccd18c5b42c0d/raw/b651c28e41b9b739139f6e2f2ac43e5641380321/setup_minecraft_overviewer.sh | bash -s update

テクスチャファイルの更新が完了すると、次回の自動マップ更新のタイミングで更新が再開します。すぐに更新したい場合には上記の「手動でOverviewerのマップ更新を実行する」をお試しください。

以上でOverviewerが利用できます。Minecraftサーバーのイメージをご利用の方は是非お試しください。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。