ご利用ガイド第10回:Linuxディストリビューションあれこれ

目次

STEP1
STEP2
STEP3
STEP4

第10回:Linuxディストリビューションあれこれ

前回 はUNIXの歴史を勉強しました。今回もちょっと座学のような内容で「Linuxディストリビューション」についてです。

Linuxディストリビューションは、Linuxのカーネルやアプリケーションなどをまとめて、一般的に利用しやすくしたものです。よく知られているところでは、Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Fedora、Scientific Linux、Ubuntu、Debian、Gentoo Linux、Arch Linux などや、最近は CoreOS などもありますね。 Wikipedia などを見ると、もっと数多くのLinuxディストリビューションが存在していることがわかり、とても全部は把握できません。新しいLinuxディストリビューションが生まれたり、既存のものから派生してLinuxディストリビューションが誕生したりしています。

ConoHa では、以下のLinuxディストリビューションを標準で用意しています。これらはすべて ConoHa で動作確認がとれており、管理画面からディスクイメージを選択することで、手軽にインストールを進めることができます。もちろん、それ以外のLinuxディストリビューションでも(それどころかLinuxでなくても)、ISOイメージを用意すればインストールすることができます。自分の好きなOSを自由にインストールできるのがVPSの良い所ですね!

以下は、ConoHa の標準で用意されているOSリストです。最新版は、こちら です。

・CentOS 7.2/7.1/6.7/6.6 (64bit)

・CentOS 6.7/6.6 (32bit)

・Ubuntu 16.04/14.04/12.04 (64bit)

・Ubuntu 16.04/14.04/12.04 (32bit)

・Debian 8/7 (64bit)

・Debian 8/7 (32bit)

・Fedora 24 (64bit)

ConoHa はいろいろなLinuxディストリビューションに対応していますので、是非いろいろインストールして試してみてくださいね!

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。