ご利用ガイドドメイン移管の確認事項

目次

ドメイン移管は様々な理由からお申込みができない・申請後に不受理となるケースがございます。
ここでは主な原因や対応方法について紹介します。

ドメイン移管のお申込みができない場合

以下に条件に該当する場合、移管の申し込みはできません。

・ドメイン取得・移管から60日以内の場合(.jpドメインを除く)
・残りの登録年数が9年以上の場合(.jpドメインを除く)
・ドメイン更新期限日まで14日以内の場合(.jpドメインを除く)
・ドメイン更新期限日まで30日以内の場合(.jpドメインのみ)
・ドメインが現レジストラまたはレジストリにてロックされている場合
・現在のレジストラがConoHaの場合
・ConoHaへの移管が可能なドメインの種類でない場合 ※移管可能なドメインは こちら

移管が不受理となる主なケース

・WHOIS情報の記載内容・形式に不備がある場合

 WHOIS情報が正しい入力形式になっていない場合、移管申請が不受理になります。

 正しい入力形式は以下にてご確認ください。

 -汎用JP以外の場合 ※ドメインが「.jp」以外の場合
  WHOIS情報の確認方法-汎用JP以外 

 -汎用JPの場合   ※ドメインが「.jp」の場合
  WHOIS情報の確認方法-汎用JP

・WHOIS情報公開代行の代行設定が有効になっている場合

 WHOIS情報をお客様情報ではなく、管理元の事業者情報にて公開するサービスがございます。
 WHOIS情報公開代行サービスをご利用いただいている場合、移管申請が不受理になります。
 申請前にドメインの移管元にてWHOIS情報公開代行の設定を解除のうえ、申請ください。

・ご入力されたAuthCodeに誤りがある場合

 汎用JP(.jp)のドメイン以外は、移管申請時にAuthCodeが必要になります。
 AuthCodeに誤りがあると移管申請が不受理になります。
 正しいAuthCodeにつきましては、申請前にドメイン移管元にてご確認ください。

・移管元より送付される移管承認のメール対応が完了していない場合

 移管を申請すると審査が問題なければ、移管元より承認メールが送付されるケースが多くございます。
 この承認メールにて承認のお手続きをしていただかないと移管申請が不受理になります。
 承認メールはWHOIS情報に登録されているメールアドレス宛に送付されますので、
 受信状況をご確認ください。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。