ConoHa WINGお乗換えガイド

レンタルサーバーのお乗換えは手続きも多く、手順を誤るとWebサイトが見れない期間やメールが利用できない期間=ダウンタイムが発生してしまう可能性があります。こちらではお乗換えにあたりダウンタイムが発生しないように手順を紹介します。

お乗換え手順の全体の流れ

abc.com
他社の
レンタルサーバー
(お乗換え元のサーバー)
  • ドメイン設定
  • ホームページ
  • メール
デ|タ・設定の移行
ConoHa WING
  • STEP1 お申し込み
  • STEP2 ドメイン設定
  • STEP3 ホームページ
    移行
  • STEP4 メール移行
  • STEP5 ネームサーバーの情報設定
ご解約
  • STEP6 移行作業
    完了の確認
お乗換え完了
並行稼動
abc.com

お乗換えにあたって次の内容について確認しておきましょう。

  • 現在ご利用中のレンタルサーバーのご契約期間
    お乗換え元のレンタルサーバーの契約期間は、ConoHa WINGへのお乗換えが完了するまで、ご契約を継続する必要があります。
  • ホームページデータの用意(WordPress等CMSの利用が無い場合)
    あらかじめ現在ご利用中のサーバーからホームページのデータを取得しておきます。
  • WordPressをご利用の場合
    WordPressかんたん移行を利用することで他社サーバーのWordPressをConoHa WINGへ移行することが出来ます。
    利用しない場合は、あらかじめデータベースのバックアップ、メディアファイルやプラグインのデータを取得しておきます。
  • 現在メールソフトに設定しているアカウントデータは残しておきます
    お乗換え完了確認の後、メールソフトに設定していたお乗換え元サーバーのアカウントデータを削除します。
  • ドメイン提供元でネームサーバーの変更方法、設定しているDNSレコード情報を確認しておきます
    ネームサーバーは移行作業完了後に変更します。

STEP1 お申し込み

お申し込みボタン

まずはConoHa WINGの申し込みをします。

STEP2 ドメイン設定

abc.com+ドメイン

利用している独自ドメインをConoHa WINGでも利用できるように設定します。

ドメインを利用するためにはサーバー内にドメインを追加、設定する必要があります。
サーバーにドメインを追加するだけではConoHa WINGには切り替わりませんのでご安心ください。

STEP3 ホームページ移行

ホームページ移行

ホームページのデータを現在ご利用中のサーバーからConoHa WINGへ移行します。
WordPressを利用している場合、利用していない場合で手順が異なります。

1. WordPress移行ツールを利用したWordPressサイトの移行について

ConoHa WINGではWordPressサイトを移行するツールを用意していますのでこちらを利用して移行することもできます。

2. WordPressを利用したホームページの移行について

WordPressのインストール、データの移行が必要です。
ConoHa WINGのコントロールパネルでWordPressをインストールし、データベースの移行、メディアファイル、各種プラグインを移行していきます。

3. WordPressなどCMSを利用しない静的なホームページの移行について

あらかじめお乗換え元のサーバーからホームページのデータをダウンロードしておきます。
FTPアカウントの作成、FTPソフトもしくはファイルマネージャーを使ってConoHa WINGへホームページデータをアップロードします。

STEP4 メール移行

メール移行

メールを利用するためにサーバー内でメールアカウントの作成、メールソフトへの設定をします。
また、メーリングリストをご利用の場合はあわせて設定します。

メールアカウントの作成をしメールソフトへの設定をします。各メールソフトの設定方法についてはご利用ガイドにてご確認ください。
メールアカウントの作成およびメールソフトの設定を行った段階ではメールの送受信は行えず、他社レンタルサーバーにてご利用いただいているメールアカウントにて送受信が行えます。

STEP5 ネームサーバーの情報設定

●●●.jp→●●●.conoha.io

STEP2~4で行った設定、移行を有効なものにするためにドメインに設定されているネームサーバーの情報をConoHaのDNSへ変更します。

メールアカウントの作成をしメールソフトへの設定をします。各メールソフトの設定方法についてはご利用ガイドにてご確認ください。
メールアカウントの作成およびメールソフトの設定を行った段階ではメールの送受信は行えず、他社レンタルサーバーにてご利用いただいているメールアカウントにて送受信が行えます。

ネームサーバー情報

ns-a1.conoha.io

ns-a2.conoha.io

ns-a3.conoha.io

こちらをドメインの提供元にて設定します。詳細な設定方法等についてはドメイン提供元にてご確認をお願いします。
ネームサーバー情報の変更後はSTEP2~4で行った設定、移行したものが有効となりますので動作を確認します。

STEP6 移行作業完了の確認

完了

お乗換えにあたってのConoHa WINGで行う移行作業は以上となります。
移行したメールクライアントソフトでのメール送受信、ホームページの表示が正常にされるから確認しましょう。

ネームサーバー情報の変更についてはインターネット上に徐々に反映していくものとなり、完全に反映するには最大24~72時間かかるものとなります。
その間はホームページの参照先やメールの受信先が他社のレンタルサーバーとなる場合もありますので、情報の反映までは重複して契約されることをオススメします。
他社のレンタルサーバーについて、ネームサーバー情報の変更から数日経過以降に契約が終了となるようにお手続きをします。

お乗換え完了