ご利用ガイドWindows Server + SQL Serverを追加する

目次

ConoHa for Windows ServerではSQL Serverが自動でインストール、簡単に利用開始ができる「Windows Server 2016 Datacenter Edition + SQL Server」のプランがあります。

Windows Server + SQL Serverの追加方法

[1] コントロールパネル左メニューの「サーバー追加」をクリックします。

STEP1

[2] サーバー追加のページが表示されます。サービスの項目で「Windows Sever」を選択し、メモリプランを選択します。

STEP2

[3] OSから「Windows Server 2016 Datacenter Edition + SQL Server」を選択し、Administratorパスワード」「ネームタグ」を入力します。また、必要に応じてリモートデスクトップ(RDS)SALのご契約をします。

※入力いただいたAdministratorパスワードは大切に保管してください。

STEP3

STEP4

[4] 必要に応じてオプションを設定します。

STEP5

[5] 金額とスペックを確認して「追加」をクリックするとサーバー構築が始まります。

STEP6

Windows Server + SQL Serverの構築

サーバー追加後自動でSQL Serverのインストールがされます。

※SQL Serverインストール中にサーバーの再起動/シャットダウンを行うとインストールが途中で停止となりその後インストールは行われません。

※インストール中はリモートデスクトップ接続はできません。

インストール中にコンソール画面を開くと以下のような画面が表示されます。

※インストールのログが流れている画面を閉じるとインストールが停止しますのでご注意ください。

STEP7

STEP8

インストールが完了するとコンソール画面では以下のようなログイン画面が表示されます。また、リモートデスクトップ接続も可能となります。

STEP9

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。