ご利用ガイド7 Days to Dieアプリケーションイメージの使い方

目次

7 Days to Die(略称: 7DtD、7D2D)は世界滅亡後のオープンワールドを楽しむ3Dゾンビサバイバルゲームです。複数人が同じマップ上で同時に7 Days to Dieをプレイ(マルチプレイ)するにはサーバーの用意が必要となります。

ConoHaでは7 Days to Dieサーバーをインストール済みのテンプレートイメージを提供していますので、初期設定だけで簡単に使い始めることができます。

なお、7 Days to Dieイメージはメモリ1GB以上のプランでご利用が可能となっております。


※2019年02月26日以降テンプレートイメージはクライアントバージョン17.2Aに対応しております。

※VPSを初めて追加した時、ワールド生成が行いますのでサーバーに接続が出来るまで約5分がかかります。

7 Days to Dieアプリケーションイメージのインストール手順

[1] コントロールパネルへログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

STEP1

[2] イメージタイプ「アプリケーション」から「7 Days to Die」を選択してサーバーを作成します。

STEP2

※512MBプランでのインストールはできません。

[3] 7 Days to Dieの設定に際してサーバーのIPアドレスが必要になるので、作成したサーバーのIPアドレスを確認します。

・コントロールパネル左メニューの「サーバー」を開き、作成したサーバーのネームタグをクリックします。

STEP3

・サーバーの詳細画面の「ネットワーク情報」のIPアドレスを手元に控えます。

STEP4

7 Days to Dieの設定方法

[1] 7 Days to Dieを起動し「Join a Game」を選択します。

STEP5

[2] 「Connect to IP…」ボタンをクリックします。

STEP6

[3] 「IP」には上記で確認したサーバーのIPアドレスを入力します。「Port」には「26900」を入力します。「Connect」をクリックしてサーバーに入室します。

STEP7

サーバーを初めて起動する際に初期ワールドが生成されるため、ワールドはサーバーごとに異なったものになります。

ゲームサーバーコントロールパネルのアクセス方法

[1] 上記のサーバーの詳細画面でWebコンソールを実行します。

STEP5

[2] 「root」でログインしゲームサーバーコントロールパネルのURLとパスワードを確認します。

STEP6

[3] ゲームサーバーコントロールパネルのURLをブラウズでアクセスしパスワードを入力します。

STEP7

7 Days to Dieサーバーの関連ファイルは「/opt/7dtd」ディレクトリ内に設置されています。

7 Days to Dieの詳細情報は公式サイト(英語のみ)Japan Wikiをご覧ください。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。