ご利用ガイドKUSANAGI manager バックアップ機能を使う

目次

KUSANAGI managerでは1日1回、過去14日分のバックアップが取得されます。また、任意のタイミングでのバックアップも可能です。バックアップについてはVPS内のディスク容量を使用します。


KUSANAGI managerが利用できる「かんたんKUSANAGI」テンプレートのインストール方法、KUSANAGI managerへのアクセス方法については以下のガイドをご確認ください。

かんたんKUSANAGIテンプレートの使い方

手動でバックアップを作成する

[1] KUSANAGI managerへアクセスし、ログインするとサイト一覧画面が表示されるので、バックアップを作成するサイトのドメイン名をクリックします。

STEP1

[2] サイト詳細画面の右上の「バックアップ」をクリックします。

STEP2

[3] バックアップを取得する「対象」からWebかDBを選択、「バックアップ名」を入力し「バックアップ」をクリックします。

STEP3

バックアップの対象については以下のようになります。

・Web:テーマやプラグイン、アップロードした画像が入っている「wp-content」をバックアップします。
・DB:記事の情報やコメントが入っているデータベースをバックアップします。

自動バックアップの設定をする

自動バックアップについてはデフォルトでONになっており、1日1回、14世代分取得されるものとなります。任意で自動バックアップをオフにすることができます。

サイト設定の「自動バックアップ」の項目でON/OFFを切り替えます。

STEP4

取得したバックアップからリストア(復元)する

[1] サイト詳細画面の下部の「バックアップ」の項目で復元する対象のプルダウンから復元したいバックアップを選択します。

・Web:手動で作成したWebのバックアップを選択できます。
・Web(自動バックアップ):1日1回、過去14日分取得されるWebの自動バックアップから選択できます。
・DB:手動で作成したDBのバックアップを選択できます。
・DB(自動バックアップ):1日1回、過去14日分取得されるDBの自動バックアップから選択できます。
STEP5

[2] 復元するバックアップをプルダウンから選択できたら、「リストア」をクリックします。

STEP6

[3] 表示されるウィンドウで「リストア」をクリックすると自動でリストアが始まり完了します。リストアの動きとしては以下となります。

・Web→バックアップ時点のファイルへ上書き。差分についてはバックアップ後設置されたファイルは保持されます。
・DB→バックアップ時点の状態へ入れ替え
STEP7

[4] これで復元が完了です。

取得したバックアップを削除する

[1] サイト詳細画面の下部の「バックアップ」の項目で削除する対象のプルダウンから削除したいバックアップを選択します。

STEP8

[2] 削除するバックアップをプルダウンから選択できたら、「削除」をクリックします。

STEP9

[3] 表示されるウィンドウで「削除」をクリックするとバックアップが削除されます。

STEP10
問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。