目次

※ConoHaではサーバー毎にIPアドレスまたはポートでトラフィックを制御するセキュリティグループ(仮想ファイアウォール)が設定されており、defaultでは同一アカウントで作成されたVPS以外の通信はすべて遮断しております。
Windows Serverをご利用の場合は、予めリモートデスクトップ接続の通信許可が必要となります。
セキュリティグループの設定につきましてはこちらをご確認ください。

追加手順

[1] コントロールパネル左メニューの「サーバー追加」をクリックします。

STEP1

[2] 「サービス」で「Windows Server」を選択します。

STEP3

[3] 「イメージタイプ」でOSやアプリケーション、保存イメージなどご希望の項目を選択します。

STEP4

[4] 「料金タイプ」で任意の料金タイプを選択します。
※この手順では時間課金でサーバーを追加します。

STEP5

[5] 「プラン」で任意のプランを選択します。
※ご選択のプランによってはお申し込みが制限となっている場合がございます。

STEP5

[6] 「ライセンス」にて、ご運用に合わせて必要なライセンスを選択します。
※リモートデスクトップSALは、Windows Serverをリモートデスクトップ用途で利用する際、利用する人数分ご契約が必要となります。

STEP5

[7] Windows ServerのAdministratorパスワードを設定します。セキュリティの観点からランダムな文字列のパスワードを設定いただくことを推奨致します。
また、ネームタグをご運用に合わせて任意にご変更いただくことも可能です。

STEP5

[8] 任意で自動バックアップや追加ストレージなどのオプションを設定出来ます。

STEP5

[9] 金額とスペックを確認して「追加」をクリックするとサーバーの追加が完了します。

STEP6

確認手順

[1] コントロールパネル左メニューの「サーバー」をクリックします。

STEP1

[2] 「サーバーリスト」で「VPS」を選択します。

STEP3

[3] 任意のWindows Serverのネームタグをクリックします。。

STEP4

[4] Windows Server個別の詳細画面が表示されますので、サーバーの操作パネルや各種情報をご確認いただけます。

STEP5
問題は解決できましたか?

お役立ち情報

ConoHaではサポートコンテンツの他にも以下のようなお役立ち情報をご用意しております。ぜひご活用ください。