目次

ConoHa for Windows Serverは「Windows Server 2016 Datacenter Edition」「Windows Server 2019 Datacenter Edition」を搭載、ご利用用途に合わせて各種テンプレートイメージを選択してご運用いただくことができます。また、その他のプランのVPSと同様にSSDを採用していますので高速で快適に動作します。

Windows Server Datacenter Editionについて

ConoHa for Windows Serverでは「Windows Server 2016 Datacenter Edition」「Windows Server 2019 Datacenter Edition」を搭載しています。

Windows Server Datacenter EditionではWindows環境で開発されたい方やHyper-Vのご利用をされたい方に最適です。

また、リモートデスクトップ(RDS)SALをご契約いただいている状態であれば、サーバー管理目的だけでなく仮想デスクトップとしてもご利用いただけます。

※必須ではありません。

Windows Server Datacenter Editionの追加方法は下記ガイドをご確認ください。

Windows Server Datacenter Editionを追加する

Windows Server + SQL Serverについて

Windows Server + SQL Serverについてのテンプレートイメージを選択することでSQL Server 2016 Web Editionを利用することができます。

このテンプレートイメージではSQL Serverのインストール作業も自動で行われるので構築も簡単にご利用いただくことができます。

また、リモートデスクトップ(RDS)SALをご契約いただいている状態であれば、サーバー管理目的だけでなく仮想デスクトップとしてもご利用いただけます。

※必須ではありません。

Windows Server 2016 + SQL Serverの追加方法は下記ガイドをご確認ください。

Windows Server 2016 + SQL Serverを追加する

Windows Server for Remote Desktopについて

Windows Server for Remote Desktopは仮想デスクトップとしてご利用いただく方向けのテンプレートイメージとなっており、Windows Server Datacenter Editionイメージとは以下の点が異なります。

1.以下のアプリケーションがインストールされています。
・Google Chrome
・Mozilla Thunderbird
・Microsoft Skype

2.スタートメニューに以下のメニューが追加されています。
・Administratorパスワードの変更ボタン
・Windows Update等のショートカット
・ConoHaへのショートカット

3.動作
・サーバー起動時にサーバー管理ツールが起動しない
・通常のインターネットアクセスが可能となるようにセキュリティ設定を調整

上記のように仮想デスクトップとして設定不要でご利用いただけるようなイメージとなっています。

こちらのイメージをご利用の場合利用するユーザーの人数分のリモートデスクトップ(RDS)SALのご契約が必要になります。

Windows Server for Remote Desktopの追加方法は下記ガイドをご確認ください。

Windows Server for Remote Desktopを追加する

Windows Server for Remote Desktop + Officeについて

Windows Server for Remote DesktopにMicrosoft Officeがインストールされているテンプレートイメージになります。

Microsoft OfficeがはじめからインストールされているのでOfficeをご利用する方に最適なイメージとなります。

※こちらのイメージをご利用の場合利用するユーザーの人数分のリモートデスクトップ(RDS)SAL、およびMicrosoft Office SALのご契約が必要になります。

Windows Server for Remote Desktop + Officeの追加方法は下記ガイドをご確認ください。

Windows Server for Remote Desktop + Officeを追加する

ライセンスについて

ConoHa for Windows ServerではSPLAを採用しており、基本的にはサーバー管理目的でご運用するものとなります。

以下のようなご運用の場合は別途ライセンスをご契約いただく必要があります。

※ライセンスについては月途中のご契約でも月額料金が発生いたします。

※ライセンス数の変更があった月は、その月に指定した最大ライセンス数が課金対象となります。

1)仮想デスクトップ用途の場合

・リモートデスクトップ(RDS)SALのご契約が必要になります。
・サーバーに接続するユーザーごとにご契約していただく必要があります。
・ご契約はConoHaアカウント単位でのご契約となります。

例:利用するユーザーが3人、サーバーを4つ契約する場合
リモートデスクトップ(RDS)SALのご契約はConoHaアカウント内で合計3個必要となり、その契約で4つのサーバーを仮想デスクトップ用途としてご運用いただけます。
なお、サーバーへの同時接続数については2接続までとなります。


2)Microsoft Officeをご利用の場合

・リモートデスクトップ(RDS)SAL、およびMicrosoft Office SALのご契約が必要になります。
・サーバーに接続するユーザーごとにご契約していただく必要があります。
・ご契約はConoHaアカウント単位でのご契約となります。
・Microsoft Office SALのライセンス数以上のリモートデスクトップ(RDS)SALが必要です。
・Microsoft Officeを持ち込んでご運用いただくのはライセンス違反となりますので、Windows Server 2016 for Remote Desktop + Office 2016イメージをインストールしていただく必要があります。

例:利用するユーザーが3人、サーバーを4つ契約する場合
リモートデスクトップ(RDS)SAL、およびMicrosoft Office SALのご契約でそれぞれConoHaアカウント内でそれぞれ3個ずつ必要となり、その契約で4つのサーバーをMicrosoft Officeをご運用いただけます。

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。