ご利用ガイドads.txt設定を利用する

目次

ads.txt(アズテキスト)とは、サイト運営者が認定した販売者(Google AdSenseなど)を通してのみデジタル広告枠を販売する仕組みになり、不正な広告販売などを防止することができます。

従来、必要だったテキストエディターでads.txtを作成、FTPソフトでファイルをアップロードする作業は不要になり、ConoHa WINGではコントロールパネルから簡単にads.txtの設定が可能になりました。

ads.txt設定方法

[1] コントロールパネルへログインします。

[2] 上部メニューの「WING」をクリックします。

STEP1

[3] 左メニューの「サイト管理」をクリックします。

STEP2

[4] ads.txtについてはルートドメインのディレクトリに設置する必要があるのでルートドメインへ切り替えます。

ドメインを切り替える

※ルートドメインとは・・・example.comというドメイン名の場合ルートドメインはexample.comになります。sub.example.com等はサブドメインになります。

[5] サイト管理画面の左メニューで「サイト設定」を開きます。

STEP3

[6] 上のタブから「応用設定」を開きます。

STEP4

[7] 「ads.txt設定」を開きます。

STEP5

かんたん登録について

かんたん登録では、ご利用中の広告システムで提供される情報を入力し、ads.txtのファイルを作成することができます。

[1] 「かんたん登録」の項目の鉛筆アイコン(編集)をクリックします。

STEP6

[2] [+]のアイコン(追加)をクリックします

STEP7

[3] 項目に則り入力し、「保存」をクリックして完了です。

STEP8

直接編集について

自身でads.txtに記述する内容を入力し保存することも可能です。

[1] 「直接編集」の項目の鉛筆アイコン(編集)をクリックします。

STEP9

[2] 入力欄にご任意の設定内容を入力し、「保存」をクリックして完了です。

STEP10

問題は解決できましたか?

ご回答ありがとうございます。

ご回答受け付けました。ご協力ありがとうございました。